読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Devil's claw.

f:id:hynm_shigaakio:20161124101139j:imagef:id:hynm_shigaakio:20161124101145j:image

 

11月に雪ですか。こんな日は家にひき篭もってコタツにみかんでしょう。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161124101511j:image

先日、二子玉川のイベントで岡本さんにもらったツノゴマ(イビセア・ルイジアナ)のなかなか珍しい実です。

 

英名「悪魔の爪(Devil's claw)」という、なんとも恐ろしい名前をもった北米南部からメキシコが原産の食虫植物。

f:id:hynm_shigaakio:20161124105820j:image 

食虫植物といえばウツボカズラ(ネペンテス)などが有名ですが、ウツボカズラみたいに捕虫用の袋があるような種ではありません。

 

ただそれより恐いのがこの硬く鋭い角の実で、この実を食べた動物が(オクラみたいな味で人間も食べられるそう)内臓損傷で死んだり、踏んづけて足に突き刺さって歩行困難になるとか。

 

そんな野生動物や人間にとっても厄介な植物なので「悪魔の爪」。または「タビビトナカセ(旅人泣かせ)」とも呼ぶそうですよ。

 

けれども、旅人や動物泣かせでもそれがこの植物の生き残る方法で、つまり人や動物に絡みついて拡散するんですね。

 

 

ちなみにアフリカには同じ「悪魔の爪」という名で、別名「ライオンゴロシ」という種がいるそうで、興味深いので以下引用します。

 

『~ ライオン狩り ~

ライオンゴロシは発芽すると、地表近くに逆さに曲がった固い棘 (とげ) のある果実を実らせます。

何の気なしにこの植物の近くと通った動物は、この植物の棘が足に刺さってしまうことがあります。ライオンとて例外ではありません。

固い棘は歩くたびに足に深く刺さっていきます。痛みに耐えかねたライオンはこの棘を抜こうと口で引っ張りますが、このとき、口に刺さってしまう場合があります。

口に刺さったライオンゴロシの棘は抜くことができず、ライオンの口を化膿させていきます。

口の痛みに耐えかね、のたうち回ろうものなら、その付近にある他のライオンゴロシの棘付き果実が体中に刺さります。

日に日に傷はひどくなり、口の痛みに食物を取ることもままならなくなっていくのです。

ついに飢えとのどの渇きによりライオンは命を落とすと、口内を始め、体中に刺さっていたライオンゴロシの実から種がこぼれ落ち、大地に染み渡ったライオンの栄養分を元に、新しいライオンゴロシがその場に生まれるといいます。』

 

いや、これまたすごい。ほんとに、生きるってみんな必死です。

 

 

そんなわけで、生きた花が見てみたいので 種を取って育ててみます。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161124112318j:imagef:id:hynm_shigaakio:20161124112327j:image

 

来年、うまく芽が出るといいな。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161124112438j:image

 

残りの実はクリスマス飾り用のフックに。笑

 

 

それでは。

 

 

 

Landscape Ninjas.

近頃、置き場のないグリーンが奥さんから不評です。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161118160236j:image

 

先日のブログで書こうとして忘れてたことがひとつ。

 

庭師ブログといってもファッションサイトのだし、たまにはいいネタかと思いまして。足元のこと。

 

最近はガーデニングやディスプレイ仕事はアメリカンワークウェアにスニーカーだったりしますが、先日みたいに木に登るときはやっぱり足袋がいちばんなのです。

 

いくつか前の記事で庭師のパンツについて触れましたが、腰や腿周りがゆるくテーパードしたパンツ、いわゆる乗馬ズボンといったアイテムも、ただ「それっぽい」からでなく昔から試行錯誤し淘汰されてきたものなんですね。

 

つまり意味があるから受け継がれるのです。

 

例えば木の枝に跨ったとき、ふつう人間なら棒に跨って、まして高所ならば不安と恐怖で両手足でしがみつきますね? だけどその手を使って剪定するとなるとフリーハンドでなければならない。なので片足を木の又に引っ掛けたり、MMAのサブミッション技みたいに絡ませたりして身体を安定させます。

 

これだけでもわりと身体が硬いとかバランス感覚悪いと辛ンどいですが、そんなふつうじゃない動きに対応できるパンツてこと。同じく脚絆や手甲もするとなるほど実感します。

 

まあそんな格好で高い木の上にいるわけですから、観光の外国人さんが「ニンジャ! ニンジャ!」と喜ぶのも頷ける話です。

 

で、足袋ですが。

 

経験からひとことで言えば「素足の感じ」。滑りや引っかかりとか「枯れ枝に乗ってるかもしれない」みたいな危険予知まで、とにかく足裏の「感覚」です。

 

ファッションでも足袋っぽいものがたまに出たりしますけれども(マルジェラとか)、大概は足先が割れてる見た目のディテールだけ。

 

つまり、いちばん重要なのは足先の割れでなく、ソールなんですよね。ペッタペタの薄いゴム。

 

なので始めの頃はナイキ・エアリフトのアッパーとソールをひっぺがして、力王(老舗足袋ブランド)のソールをくっつけるみたいなアホなこともしました。(大失敗!)

 

で、現代のなにが足袋にいちばん近いのか? と考えた結果、やはりクライミングシューズなのではないかと。

 

と考えるとパンツもグラミチあたりのクライミングパンツが近いし、道具もだし、結局んとこ全般的にクライミングなんじゃん!みたいな。笑

 

そんなわけで、目下かっこいいクライミングシューズを全力リサーチ中です。

 

ただ、どれもくるぶしあたりのサンダル状でハイカットのがない(ゴミとか入るからコレが重要)。

 

あとはここまで事細かに注文書いたので、岡部くんあたりが作ってくれるの待ちます。(他力本願)

 

こっちはニンジャでなくサムライですが、三田真一スタイリングのカップヌードルの新CMがかっこいい。

 

こういう仕事見せられると未だすこし後ろ髪引かれる思いもしますが、昔から「俺は生涯スタイリスト」と言っていたし、そういう気概を持ったひとだけがずっと頑張っていける仕事だといいと切に願います。

 

ちなみに先日のオリンピック閉会の「安倍マリオ」も彼の仕事って知ってます?笑

 

それでは。

Tall tree.

またまたお久しぶりです。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161115113337j:image

 

えー、今回は仕事というかなんというか。週末、昔からの知人の女子に頼まれまして、彼女のご両親が暮らす伊豆高原の庭の木を切りに行ってまいりました。

 

貰ったメールの内容によると「15メートルくらいのヤマモモやらなんなら」とのこと。なんでも大きくなりすぎた木が邪魔をして家にまったく日が入らなく困っているそうで。

 

「だれか見習いの庭師さんいない?」なんて水臭いので「俺様がやってやるよ」と。まあ、いつもながらやす請け合いしまして。

 

で、早朝出発して現地に着いたんですが、大方の予想通りといいますか、シロウトの言う15メートルは余裕の20メートルオーバーサイズ、しかも問題はヤマモモでなくクスノキとハンノキ。笑

 

f:id:hynm_shigaakio:20161115123152j:image

 

嫌な予感が的中。予め用意していたクライミングセットが無ければ太刀打ちできませんでしたね。わざわざ伊豆まで出向いて「無理ッス」じゃカッコつきません。

 

そう、たまに高木アタックする時に使う道具、スポーツクライミング用のロープやハーネスです。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161115124136j:image

旧来の木の剪定方法というのは、、下手くそな絵で説明しますとこうです。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161115124240j:image

しかしもっと大きな木で三脚が届かなければ、登りこんで木のインサイドから切るのです。

 

ただコレにも限界があって、さらに大きさや高さ、横方向に枝が張り出した巨木になると、素登りで先端の枝葉をイジることは困難。もちろん乗った枝が折れれば落下して命もありません。

 

それでも昔の職人さんは果敢にアタックしたんでしょうね。その職人は「庭師」とは別の、「鷹師」とかなんとか言われたと聞いたことがあります。

 

とにかく、その海外からやってきた山や崖を登るためのスポーツクライミングというものが、関係のない庭師の世界で応用され、まったく未知のフィールドを可能なものにしてしまいました。

 

いまどきのイケイケ庭師は作業道具屋でなく、アウトドアのプロショップに足繁く通うのです。笑

 

f:id:hynm_shigaakio:20161115130237j:image

 つまりこう言うこと。インサイドから度胸イッパツ、命を張って枝の先端まで手を伸ばすのでなく、上から吊り下がってアウトサイドから攻める。

 

これなら、どんな巨木も先端の枝葉までいままで通りの繊細な剪定をすることが可能です。まあ空中にぶら下がっての剪定なので、精神的にはミッション・イン・ポッシブルのトム・クルーズばり極限状態。

 

 

 

そんなわけで、リビングへの太陽の光を遮っていた、25年以上まったく手入れのない自然なまんまのクスノキやハンノキは、超強剪定というか骨格剪定により、まあまあかわいいサイズになりました。

 

 彼女のパパさんママさんにも大変喜んでいただきまして、美味しいランチや自宅にある温泉に浸からしてもらい無事帰宅。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161115150020j:image

f:id:hynm_shigaakio:20161115150026j:image

あと、家に眠っていた彼女の画家の伯母さんの素敵な絵を頂きました。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

Lay your hands on me.

f:id:hynm_shigaakio:20161011192202j:image

近所の商店街にいくつかお花屋さんがあり、季節柄南瓜がもう並んでたりします。

 

生花や植物を仕事で扱うようになって、市場や畑での仕入値を知ってから、当然以前のように街の花屋で何でもかんでも買うことはありません。

 

ですがダイニングテーブルや玄関を彩らせるちょっとしたものは近所で買うようにしています。 

f:id:hynm_shigaakio:20161011191946j:image f:id:hynm_shigaakio:20161011192005j:image f:id:hynm_shigaakio:20161011192047j:image f:id:hynm_shigaakio:20161011192107j:image

 スタイリスト時代、ブランドを立ち上げ服作りなんぞ嚙ったこともありますが、実際やってみて気づく服の価格。

 

既成のボディにプリント乗せただけのTシャツなどは大概において儲けの大きい回収アイテムで、生地や作りにこだわったわりに低価格なものは儲けの少ないお買い得アイテムといえます。

 

そういう事情がわかると、展示会で服の選び方も変わってきて、ほんとに作りたかったアイテムだなってものをチョイスし、逆に欲しいものが無ければTシャツだけオーダーして帰る。

 

やや話の筋が違う気もしますが、つまり近所の花屋で買い物するのは私の中ではそれと同じで、店の推しや季節モノなら積極的に、無ければ(仕入値50円、100円程だろうと)300円、500円の花を買って帰ります。

 

花屋にかぎらず、八百屋さん魚屋さんも「スーパーやコンビニに負けないで」という応援の気持ちから。

 

そんなわけで、わざわざおしゃれなレアプランツ屋さんもいいですが、是非みなさんもご近所のお花屋さんでも買い物してほしいなと思います。

 

川島さんの訃報を聞いて、なんというか。むかし展示会に遊びに来てくれたな、とか、容態が悪くて急遽中止になったライブで、奇しくも前座のサカナクション初めて観たな、とか。最近の様子も衣装担当してる三田真一に伺ったばかり。

 

とにかく、奇跡みたいに出来た最後のアルバムの、MVに映る小さな娘さんの姿が胸に刺さります。ご冥福お祈りします。

 

それでは。

 

Freestyle.

たとえば、何十年と庭に咲いていた桜の木を、邪魔になったから切り倒してくれと、頼まれることもあります。

 

そこに命を植えるのもヒトですが、絶ってくれというのもヒトです。

 こんな記事を読みました。不思議でもなんでもなく、あると思います。

 

その何十年、百年と生きた老木には不思議なオーラがあって、本能的に「切っちゃまずい」と感じるんです。それでも仕事を受けたら切るしかない。

 

そうなるとオーナーさんに説明して、塩を撒き浄めの清酒をかけ、自分もその酒を気付にくらって「御免!」と心で叫んで斬りかかります。

 

本当に、こういう時がいちばん気分が悪く生きた心地がしません。「もしかして、帰りに事故で死ぬかもなあ」とか。

 

ちなみに近頃、久しぶり会う方々に「若くなった」とよく言われますが、周りの庭師やガーデナー仲間は総じて見た目が若い。かといって外で仕事する職人さん全てがそうでもなく。

 

「やっぱ日々植物と触れあってるからじゃない?」

 

なんて笑い話も、まんざらでもない気がする今日この頃です。

 

さて、せっかく再スタートしたブログ。もっと更新しなきゃと思いつつ、文字を打とうとした瞬間睡魔が襲い気づけば朝という。申し訳ありません。

 

f:id:hynm_shigaakio:20161004003259j:image 

もう先週ですが、フリースタイルダンジョンの収録を覗きに新木場STUDIO COASTへ。

 

庭師ブログと関係なく度々申し訳ないですが、私、珍しくこの番組ハマってまして、是非、生で観てみたい!とわがままで招待して貰いました。

 

写真でお気づきの方もいると思いますが、三度目のラストモンスター登場、とだけ。幸運な神回収録。

 

恥ずかしながら、涙出そうなほどちょっと感動してしまいまして。やはりすごいですね。

 

正直、ヒップホップもラップもさして熱心でないのに、なぜにこのフリースタイルバトルはおもしろいのか、と考えたのですが、

 

壮絶な口喧嘩、ガチンコのタイマン勝負だからでしょう。音楽というより格闘技の試合です。さらに言うとMMAより原始的な異種格闘技戦。いろんなタイプがいて、どっちが強いかみたいな。

 

まあ、そもそも元事務所の先輩たちがラッパーですから関係なくもなく。笑

 

ちなみに表題曲しか知られてないみたいですが、じつは三人それぞれ持ち歌(カップリング)がありまして、坂崎さんの「いつか、南で」って曲の作詞がダンジョンの審査員でもおなじみ、いとうせいこうさん。

f:id:hynm_shigaakio:20161004095807j:image

スタイリストとしてでなく、いつかプライベートで南の島へ行って恋人とゆっくり過ごしたい、みたいな、切ないダブバラードですが、あいにくカセットテープしか持ってなく、もはや再生して聴いてみることもできません。残念です。

 

それと、今回の収録に一緒に行った庭師仲間のHさん、じつはミュージシャン(どっちが本職なのか)でして、

ふだんこんなバンドでプレイしています。

 

あえてこの中の誰とは書きませんが、なぜに庭師ってのが元スタイリストの私より意外性があっておもしろい。

 

なもので共通の知り合いも多いし、番組オーガナイザーのジブさんはバンド仲間。どんな業界のコネより一番近かった。

 

そんなわけで結果、庭師ネタで着地できました。笑

 

http://www.miraimoriyama.com/

最後にマイメン森山未來が新たな個人HP開設したようで、よかったら覗いてやってください。

 

それでは。

generation.

今週のあれやこれ。

 

f:id:hynm_shigaakio:20160919012027j:image f:id:hynm_shigaakio:20160919012059j:image f:id:hynm_shigaakio:20160919012116j:image f:id:hynm_shigaakio:20160919012146j:image f:id:hynm_shigaakio:20160919012222j:image f:id:hynm_shigaakio:20160919012239j:image f:id:hynm_shigaakio:20160919012259j:image f:id:hynm_shigaakio:20160919012336j:image f:id:hynm_shigaakio:20160919012352j:image

 

そういえば、先週のパーティでスタイリスト時代の初代アシスタントくんとひさしぶりに会いました。

 

当時は私も彼もまだ二十代。頑固でなんだか扱いづらいコだった記憶があります。

 

その後、彼は独立を待たずしてアシスタントを辞め、仕事を転々と(ライノ編集部さん居た時期もありますね)、現在は外資の金融会社に勤めているそうです。

 

まあ、仕事などなんでもよいのですが、もうすこし面白いなにかを期待していたので、勿体無いような残念な気持ちに。

 

というのも、当時のアシスタント連中の中でもいちばんセンスがあったし(ファッションというより頭の)、私よりも業界に向いていると感じていたからです。

 

 その日は珍しく彼から話しかけてくるので(アシを辞めた後ろめたさからか、たまにそういう場で会っても遠巻きに避けられていたような)、聞けば近頃は日本庭園にハマっていたそうで。

 

さすがはいいとこ目をつけてる、でもやっぱり私のほうが一歩先行ってるね、フッフフ…などと思ったり。

 

元アシくんとえば、彼の次くらいだった元アシくんの噂もたまに聞くようになりました。

 

実際のところ彼の独立のほうが心配でしたが、それをよそに立派にやっている様子。しかしアウトドアなんて興味あったっけ?と疑問だったりもするのですが、ひとってなにが花開くかわかりません。

 

私だってまさか庭師になるとは誰も思わなかったでしょうからね。

 

ただ親心としては、彼らがいまなにをしていようが、元気ならばなによりです。

 

 

それでは。

 

50th.

 先週末、hustle所属時代の先輩であり、chelsea所属時代の代表でもあった、スタイリスト古田ひろひこさんの50歳のパーティが渋谷でありました。

 

先日upしたショートムービー「ザクロ」の巻末に収められたメイキング映像を見て、みんな若いなと、懐かしく思い出していたところですが、その頃のひとたちとも久々の再会。まさに同窓会みたいなパーティでした。

 

蔡さんの50歳や、ちょうど10年前の古田さん40歳のパーティも昨日のことくらいの記憶で、歳を経るにつれあっという間に月日が流れます。

 

10年後、またこうしてみんな元気で集まれたらいいですね。

 

ちなみにこの後、酔っ払いすぎた私は道玄坂のコインパーキング場の片隅でずぶ濡れで目が覚めました。10年経とうが毎度同じパターンです。

 

それでは。

f:id:hynm_shigaakio:20160912082458j:image f:id:hynm_shigaakio:20160912082510j:image f:id:hynm_shigaakio:20160912082524j:image f:id:hynm_shigaakio:20160912082537j:image f:id:hynm_shigaakio:20160912082550j:image