読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yes or No.

ないと答えていればガーデナーでなかったでしょう。

とにかく、それがきっかけで私の庭師修行がはじまるのです。

運が良かったのは、そんな重要な松を扱えるような老舗造園屋だったこと。

もし今風なレアプランツのオシャレ植木屋だったらば、またすぐに飽きてしまったかもしれません。

しかし、四十を越えてからの転職。しかも右も左もわからないまったくの異業種。

それはもうご想像通り、いやご想像以上です。

師匠は私の人柄や職歴を面白がってくれたものの、周りの職人さんはそうは簡単に見てくれません。

むしろファッション業界やスタイリストなど、チャラチャラした女々しいイメージらしく、そんな野郎に仕事が務まるわけがない、という雰囲気はビシビシ伝わりました。

そりゃそうでしょう、庭師なんて職人業のなかのザ・職人。もうみんなゴリゴリですから。

しかも、そもそも実家の家業が植木屋や花屋だとか、農業高や大学を出てきた生粋のひとたちばかり。

「ほんとにおれ、やれんのかな…」


ではまた明日。

f:id:hynm_shigaakio:20160531125941j:image