読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Job.

結論から言うとやれました。

もちろん最初は雑用みたいなことから。

そういう雑用をこなすうち、段々とチャンスが巡ってきます。

同期くらいのライバル、といってもほとんどが二十代、三十代の若者ですが、そのチャンスを彼らと切磋琢磨し合うわけです。

今日はだれが剪定させてもらえるのか、木に登らせてもらえるのか。あいつはもう八ツ掛けできるらしい、四つ目垣を覚えたらしい。

そういうヒリヒリした空気みたいなものが、私にはたまりませんでした。

ハナからなめられてるのは十分承知ですから、そんな彼らの想像を越えていくことも。

たとえば、怯むくらいの高い木の先端から、下の彼らに「なに? びびってんの?」とからかってみる。当然「びびってねえよ!」と応戦してくる。

そういう子供のケンカみたいなことが、超たのしい。

でもやはり仕事は厳しい。

スクールやワークショップではなく、あくまでジョブ。下積みとはいえお金をもらうわけですから当然ですね。

ただアシスタント時代にくらべたら余裕ですよ。

なにせ、朝から晩(朝)まで働かされることも(ノーギャラで)、失敗してぶん殴られることも、合コンのセッティングすることも、裸で芸を踊らされることもありません。(つまり奴隷)

それが、ゆとり世代とオッサンのスキルの違いです。(つまりオッサンは職人向き)




それでは、また明日。
f:id:hynm_shigaakio:20160531213816j:image