読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lay your hands on me.

f:id:hynm_shigaakio:20161011192202j:image

近所の商店街にいくつかお花屋さんがあり、季節柄南瓜がもう並んでたりします。

 

生花や植物を仕事で扱うようになって、市場や畑での仕入値を知ってから、当然以前のように街の花屋で何でもかんでも買うことはありません。

 

ですがダイニングテーブルや玄関を彩らせるちょっとしたものは近所で買うようにしています。 

f:id:hynm_shigaakio:20161011191946j:image f:id:hynm_shigaakio:20161011192005j:image f:id:hynm_shigaakio:20161011192047j:image f:id:hynm_shigaakio:20161011192107j:image

 スタイリスト時代、ブランドを立ち上げ服作りなんぞ嚙ったこともありますが、実際やってみて気づく服の価格。

 

既成のボディにプリント乗せただけのTシャツなどは大概において儲けの大きい回収アイテムで、生地や作りにこだわったわりに低価格なものは儲けの少ないお買い得アイテムといえます。

 

そういう事情がわかると、展示会で服の選び方も変わってきて、ほんとに作りたかったアイテムだなってものをチョイスし、逆に欲しいものが無ければTシャツだけオーダーして帰る。

 

やや話の筋が違う気もしますが、つまり近所の花屋で買い物するのは私の中ではそれと同じで、店の推しや季節モノなら積極的に、無ければ(仕入値50円、100円程だろうと)300円、500円の花を買って帰ります。

 

花屋にかぎらず、八百屋さん魚屋さんも「スーパーやコンビニに負けないで」という応援の気持ちから。

 

そんなわけで、わざわざおしゃれなレアプランツ屋さんもいいですが、是非みなさんもご近所のお花屋さんでも買い物してほしいなと思います。

 

川島さんの訃報を聞いて、なんというか。むかし展示会に遊びに来てくれたな、とか、容態が悪くて急遽中止になったライブで、奇しくも前座のサカナクション初めて観たな、とか。最近の様子も衣装担当してる三田真一に伺ったばかり。

 

とにかく、奇跡みたいに出来た最後のアルバムの、MVに映る小さな娘さんの姿が胸に刺さります。ご冥福お祈りします。

 

それでは。